時をかける少女原作小説とアニメの違いは?あらすじとネタバレあり

   

toki

時をかける少女』というと年代によって連想する作品が全く異なります!

原作をアニメ映画だと思っている人もいれば、ドラマだと思っている人もいるので驚きですね。

映画化が4回、ドラマ化も5回されているので原作が小説だと言うことは意外と知られていません。

小説は1967年に刊行されているものなのでびっくりですよね!

今回はその原作小説の本とアニメ版映画違いあらすじネタバレについて紹介していきます。

Sponsored Link

時をかける少女 原作小説のあらすじとネタバレ


写真引用:natalie.mu

小説とアニメ映画では時代が違い、全く別の作品と言っても過言ではありません。

原作小説のストーリー

主要な登場人物は中学3年生の少女『芳山和子』と同級生の『深町一夫』、『浅倉吾朗』の3人です。

3人で理科室の掃除をしていた時、実験室で物音がした。

中に入るとさらにガラスの割れる音がしたが、そこには誰もいない。

そして、実験室に漂うラベンダーの香りを嗅いで和子は意識を失う。

その三日後、和子の周りでは事件が起こり始める。

地震で吾朗の家が火事になり、その翌日には吾朗と共に交通事故に巻き込まれそうになった瞬間、危機的な状況が起こったことで彼女は前日の朝にタイムリープしていた。

タイムリープしていることを告白

Sponsored Link


和子はタイムリープしたことを一夫と吾朗に告白。

最初は信じてもらえなかったが地震と火事を予言したことで二人は納得した。

彼らはそのことを理科の先生に相談をしたところ、先生は和子の能力を『タイムリープ』だということを説明し、事件の真相を知るために4日前の理科室に戻ることを提案する。

和子は危機的状況になることで自分の意志でタイムリープを行えるようになり、4日前の理科実験室で正体不明の訪問者を待ち受ける。

事件の真相

理科実験室に訪れたのは同級生の『深町一夫』だった。

彼は自分が西暦2660年の未来で暮らしていた未来人であり、未来に戻るために薬剤の調合をしていたことを語る。

一夫との記憶は催眠術によるもので、実際には一ヶ月しか一緒に時間を過ごしていないことも。

そして、この一ヶ月の間で和子に対して恋心を抱いていたことも告白。

しかし、タイムリープの秘密を守るために和子や周りの人から一夫の記憶は消されてしまうが、『また会いに来る』という約束を交わして記憶を消した後に彼は未来へと帰還した。

和子は心の底に残る再び合う約束をした誰かを待ち続ける。

Sponsored Link

アニメ版のあらすじネタバレについては2ページへ!

ページ: 1 2 3

 - 小説, 映画