『夜は短し歩けよ乙女』映画の感想とネタバレ!微妙で面白くないという口コミもある?

   

yoru

四畳半神話大系のアニメを見てから森見登美彦作品を読むようになっただけに『夜は短し歩けよ乙女』のアニメ映画化にはかなりの期待をしていました。

今回は『夜は短し歩けよ乙女』の映画を見に行ってきたので、その感想を若干ネタバレありで書いていきます!

Sponsored Link

『夜は短し歩けよ乙女』の感想とネタバレ

yoru

『面白い』か『面白くない』かで行ったら個人的には面白かったです。

ただ、映画を見ながらずっと『こんな話だったっけな…?』と思っていました^^;

改めて小説を振り返ってみると映画の内容は改変されている部分があります。

原作小説では『ラ・タ・タ・タム』という絵本は古本市の神様に回収され、絵本コーナーに戻されます。

そして、その絵本に先輩と黒髪の乙女が互いに手を伸ばして先輩が絵本を譲るという描かれ方をしています。

映画では、ラ・タ・タ・タムは先輩の手に渡り、物語終盤で黒髪の乙女が先輩の家に風邪の見舞いにたずねてきた際に手渡されています。

また、映画では文化祭というよりはゲリラ演劇『偏屈王』にフォーカスが強く当てられています。

物語の本筋は基本的に原作に忠実だったけれども、話をまとめるために改変されたのかな~という印象を受けました。

個人的に思ったことを箇条書きにすると、

・先輩の声は星野源でなくても良かったかも…
⇒アリではあるが四畳半のときの浅沼晋太郎さんに演じて欲しかった

・偏屈王のゲリラ演劇の主張がかなり強かった
⇒ミュージカルっぽくなっていたこともあってイマイチ映画に感情移入できなかった

・黒髪の乙女が終始可愛すぎた
⇒ただただ黒髪の乙女が可愛かったです!笑

・ロバート秋山の声は意外とはまり役だった
⇒ロバート秋山と言われなければわからないくらいキャラにハマっていた気がします。

全体を通して振り返ってみると『面白いんだけれども何か物足りない…!』という感じです^^;

映画で初めて作品に触れるという人の場合は、また違った印象をになると思います。

他の方の感想などについても見ていきましょう。

映画は賛否両論?面白くないという口コミはある?

Sponsored Link

映画『夜は短し歩けよ乙女』に関する感想のツイートをいくつかピックアップしてきました!

賛否両論ありますが、全体的には『面白い』という感想が非常に多かったです。

初見の人は面白いと思った人がほとんどで、一部置いてけぼり感があった人もいるといった印象を受けました。

元々小説を読んでいる人は私と同様に物足りなさや原作との差を感じた人もいてちょっと安心しました 笑

星野源はミスキャストとまでは言わないけれど微妙だと思った人は多いのでは…?

夜は短し歩けよ乙女の声優キャストまとめ!スタッフと主題歌は誰?

まとめ

色々と感想を述べてきましたが小説は小説の面白さ、映画は映画の面白さがあると思います!

ただ、映画を見たことによって『ラ・タ・タ・タム』という絵本が気になってしまい、つい購入してしまいました 笑

ratata

今回の映画は人によって全然感想が違うので映画を見た方はぜひコメントで意見や感想をいただけると嬉しいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

夜は短し歩けよ乙女の名言(迷言)まとめ!森見登美彦の経歴は?

Sponsored Link


本や読書好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

 - 映画