ジョルノ・ジョバァーナのスタンドは最強?名前の由来と意味についても

2018年10月5日から放送中のジョジョの奇妙な冒険第5部。

前半も佳境に差し掛かり、暗殺チームとの戦いがヒートアップしてきて、

敵との戦いがより楽しみになってきますね!

今回はジョルノ・ジョバァーナのスタンドは最強なのか、名前の由来と意味についても掘り下げていきたいと思います^^

ジョルノ・ジョバァーナとは

ジョルノ・ジョバァーナは、『ジョジョの奇妙な冒険』第5部~黄金の風~の主人公です。

イタリアのギャング・パッショーネの一員で、組織ではブチャラティのチームに所属しています。

ジョルノはディオの息子であり、ジョースター家の血を受け継ぐ特殊な人物です。

性格は冷静で落ち着いています。

 

主観を挟むことなく冷静に物事を判断することができるので、

チームでの言い合いや複数人での戦闘の方向性に大きく影響を及ぼしています。

そして彼の言行によって、結果として物事が正しい方向に向かっているため、

チームの面々も彼を評価するようになっていきます。

 

もちろん自身が譲れないことを述べる時や、戦いの中で熱くなることもあります。

しかしそういう場合もけっして感情を荒げたり、自分を見失ったりしているわけではありません。

自分の意志を曲げずに初志貫徹し、堂々と振舞っているのです。

この思い切りの良さ、強さがジョルノのいいところであり、魅力なのだと思います。

また頭も良く、戦闘脳もあります。

プロシュートの能力を分析したり、メローネのスタンドから自分の能力の進化に活かしています。

ジョルノ・ジョバァーナのスタンドは最強?

ジョルノのスタンドは、ゴールド・エクスペリエンスと言います。

破壊力:C

スピード:A

射程距離:E(2m)→C

持続力:D

精密動作性:C

成長性:A

 

ゴールド・エクスペリエンスは、作中最強のスタンドの1つと言われています。

というのも、能力の設定が強力だからです。

 

基本的な能力は、物体に生命力を与えて生物を生み出すことです。

これ自体に殺傷力はないですが、戦いを優位に進めるために便利な能力です。

例えば、バイクや地面に生命力を与えてそこから植物の根を生み出した場合、

相手を植物に根に絡めることで逃げられなくすることができます。

他にも、発信機代わりの生物、生み出した生物から毒物の抗体を採取するなどいろいろ応用可能です。

しかも、物体から人間の身体の一部を生み出すこともできます。

これによって体の修復が可能なり、致命傷を負わない限りは元の健康な状態に速攻で戻ることができます。

ミスタはギアッチョ戦で満身創痍になりますが、生み出した体のパーツで損傷した部分を穴埋めして体が元の状態に戻っています。

 

また捨て設定になりましたが、初期には他にも2つ能力がありました。

生み出した生物には攻撃が効かず、しかもその攻撃は攻撃した者に返るという能力と、

生命力を与えることで相手の感覚を暴走させる能力がありました。

後者は相手が見る世界がゆっくりになるというものです。

殴られてる感覚もゆっくりなので、ダメージを受け続ける状態になります。

このように、応用が広範囲なうえ、反則級に便利な能力のため最強の1つのスタンドと言えるのではないでしょうか。

 

さらに、ゴールド・エクスペリエンスは、ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムというスタンドに進化します。

破壊力:測定不能

スピード:測定不能

射程距離:測定不能

持続力:測定不能

精密動作性:測定不能

成長性:測定不能

測定不能とは、スタンドが強力すぎて数値が測れないということです。

その能力は、意志や動作の力をなくすというものです。

どういうことかというと、例えばジョルノに攻撃をしようとしても、

相手は攻撃しようとする意志や動作がリセットされてしまい、なかったことにされ、

攻撃を加える前の状態に戻ってしまいます。

実質、ジョルノに攻撃を加えることができないということです。

 

逆にレクイエムが攻撃して相手が致命傷を負った場合、死んだという意思や動作がリセットされ、死ぬ直前の状態に戻ります。

そこから時間が再生されたかのようにまた致命傷を負って、また死んでは直前の状態に巻き戻されて致命傷を負って…の繰り返しになります。

つまり、延々と死に続ける体験をしなければなりません。

ということは、致命傷じゃなくても攻撃を行ければ、攻撃を受け続ける状態が続くと考えられます。

相手が攻撃を加えることができないうえに、レクイエムが攻撃をそのような状態になるので、最強といっても過言ではないのかなと思います。

ジョルノ・ジョバァーナの名前の意味と由来

5部の顔といえるジョルノの名前は、一体どんな意味と由来なのでしょうか?

名前と名字、それぞれについてご紹介していきます!

まずは名前のジョルノです。

こちらはイタリア語で“日”を意味するGiornoが由来と意味のようです。

これは本編の扉絵でジョルノの意味の説明がされていたので、間違いないのではないかなと思います。

 

続いて名字のジョバァーナです。

ジョバァーナはイタリアの姓名でGiovanaという姓があるそうで、こちらが意味と由来だと考えられています。

イタリアの中では、珍しい名字なのだそうです。

 

ジョルノの本名は“汐華 初流乃”(しおばな はるの)なのですが、こちらの意味と由来はわかりませんでした。

ジョルノ・ジョバァーナ→じょるの・しぉばーな→はるの しおばな、

はるの しおばな→じょるの・しぉばーな→ジョルノ・ジョバァーナ、

荒木さんがどちらから思いついたのかわかりませんが、どういう意味で名付けたのか、気になるところですね!

まとめ

・ギャングスターを目指す主人公で、パッショーネではブチャラティのチームに属している

・ゴールド・エクスペリエンス、レクイエムはともに強力な能力設定から最強と言われる。特に後者は抗う術がないので最強と思われる

・イタリア語で“日”を意味するGiorno(ジョルノ)、イタリアのGiovana(ジョバァーナ)という姓が意味と由来

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ジョジョ5部のアニメ動画を無料で見ることができます!

詳細についてはこちら
ジョジョの奇妙な冒険5部のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link

漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です