涙目のルカは能力なしだが強い?最後の死亡したのはカエルが死因?

2018年10月5日から放送中のジョジョの奇妙な冒険第5部。

護衛を任されたことで、暗殺チームとの戦いが徐々にヒートアップしてきています。

前半も佳境に差し掛かり、敵との戦いがより楽しみになってきますね!

今回は涙目のルカは能力なしだが強いのか、最後の死亡したのはカエルが死因について掘り下げていきたいと思います^^

涙目のルカとは

涙目のルカは『ジョジョの奇妙な冒険』第5部~黄金の風~に登場する、

イタリアのギャング・パッショーネの一員です。

組織内での立ち位置は明らかにされていませんが、どうやらパッショーネの下部構成員のようです。

 

彼は一応パッショーネに属していますが、暗殺チームや護衛チームと立ち居振る舞いや心構えがまるで異なり、実情はチンピラみたいなものです。

特徴は、常に涙目であることです。

涙目のルカという通称は、ここから来ているのですが、これは以前ケンカになった際に傷を負った後遺症なのだそうです。

組織での主な仕事は、空港のショバ代を回収することのようです。

 

ルカがキレたり、相手がショバ代の支払いに応じなかったら携帯しているスコップで相手を損傷させているようです。

こうした野蛮な人物なので、どうして組織に置かせてもらってるのか、

そもそもどうやって彼が入団試験に受かったのかが疑問ですね…。

涙目のルカは能力なしだが強い?

Sponsored Link

涙目のルカは、組織に置かせてもらってるくらいなので、素手の勝負でも一般人よりは強いと考えられます。

しかしスコップを持っている、武器を携帯して用心しているということは、格闘もそこまで強くはないのかなと思います。

スタンド使いでもないので、入団試験の性質上スタンド使いが非常に多いパッショーネでは弱いと思います。

だからこそ下部構成員なのかなと思います。

涙目のルカの最後死亡したのはカエルが死因?

涙目のルカはジョルノがショバ代を払っていないことを名目に、ジョルノに絡んできて、ケンカを吹っ掛けます。

ルカはジョルノがショバ代の件で言うことを聞かないこと、ジョルノの胸元にやってきたカエルが目障りなのに、ジョルノがカエルを追い払わずに胸元に乗せたままでいることに腹を立てて、スコップで殴り掛かってきます。

スコップのよる打撃は、胸元にいたカエルに命中します。

するとたちまち、ルカの頭がスコップの形にへこみ、意識不明の重体に陥りました。

 

これはどういうことかというと、

初期ゴールド・エクスペリエンスには、スタンド能力で生み出した生物やゴールド・エクスペリエンス自体に攻撃を加えると、その衝撃は自分に返ってくるという能力がありました。

(この設定はすぐに忘れ去られて使われなくなりますが…)

 

ルカはジョルノがスタンド能力で生み出したカエルに打撃を加えたため、その分の衝撃が自分に返ってきたのです。

そのため頭がへこみ、重体になりました。

ただ、この時点では重体なだけで、死亡はしていません。

 

なので、カエルが死因ではありません。

では何が死因なのでしょうか?

ルカの一件で、組織の人間にケンカを売ったみなされたジョルノを始末しに来たブチャラティによると、ルカはボスか組織の人間によって殺されたようです。

体の一部は、ジョルノを動揺させるためにブチャラティが持参していたので、バラバラに切断されたのだと思われます。

上述のように、ルカは野蛮で恨みを買いやすい人間性なので、

組織も良くは思っていなかったようです。

ブチャラティもボスも死んでもしょうがない人間だと思っているようです。

まとめ

・涙目のルカはギャング・パッショーネの下部構成員

・涙目のルカは格闘戦も武器を用意しているうえ、スタンド使いでもないので弱いと思われる

・涙目のルカはボスかパッショーネの組織の人間によって殺された

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ジョジョ5部のアニメ動画を無料で見ることができます!

詳細についてはこちら
ジョジョの奇妙な冒険5部のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link

漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です