アンドロイドでのKindleアプリの使い心地は?メリット・デメリットについて

kindle1

電子書籍は紙本のようにかさばらないので電車をはじめとした交通機関で読書をしやすく、端末1つに本を集約できるのでスペースをとらないといったメリットがありますよね。

 

今では電子書籍に関するサービスが多くありますが、その中でもKindleは代表的なサービスとして有名ですね。

Kindle端末に始まり、今ではスマートフォン用(iPhone/アンドロイド)のKindleアプリもリリースされています。

 

iPhone用のKindleについてはよく利用されている印象ですが、アンドロイド用はではいったいどうなのでしょう?

そこで今回は、アンドロイドでのKindleアプリについて掘り下げていきたいと思います^^

Kindleアプリとは?

k1

Kindleとは、Amazonが提供する電子書籍に関するサービスの総称のようです。

主にサービスは3種類あり、Amazonが販売している電子書籍を読むための“端末”、“電子書籍”、そして“アプリ”。

Kindleアプリはこの中の、電子書籍を読むためのアプリ(スマートフォン用)に分類されます。

 

使い方は非常に簡単です。

まずスマートフォンにインストールしたKindleアプリを開くと、アプリ上のホーム画面のトップに自分が購入した電子書籍のリストが表示されます。

 

次に、リスト上の自分が購入した書籍の中で読みたい電子書籍をタップして選択します。

すると選択した本が開かれて、その本を読むことができます。

画面上に表示されているページを右へスワイプすると次のページに進むので、本を読み進められます。

後は紙本と同様に、自分のペースで読書をしていくのみです。

 

Kindleアプリはこのような簡単な操作で、手軽に書籍を読むことができます。

 

アンドロイドでのKindleアプリの使い心地

Sponsored Link

結論から言いますと、普通に電子書籍を購読する分には問題なく使えます。

先にもお伝えしたように、使用方法が容易なので使い心地は良いと思います。

 

Kindleアプリは輝度、テキストサイズ、カラー、フォント、余白、行間の変更することができます。これは使い心地をより良くする便利な機能です。

 

例えば輝度。

Kindle内の初期設定時は、個人的に輝度が明るくて長時間の読書をしていると目がちかちかして疲れていました。

そこで「システムの輝度を使用する」にチェックマークを入れて自身のスマートフォンの輝度を使用できるようにしました。

スマートフォンの方が輝度の選択に幅があるので便利かと思います。暗めに設定して、目の疲労を軽減させています。

 

マーカー、コピー、フラッシュカード、読書中のKindleストアでの買い物、読書の進み具合・SNS上での本のシェア、フラッシュカード、ブックマーク、ノートブックなどKindleならではの機能が多数搭載されていて、使い心地をより良くすることができます。

 

もちろん上記の機能がすべてではありません。自分なりのカスタマイズをして、1番フィットした使い心地にしましょう!

 

アンドロイドのKindleアプリで電子書籍を読むメリット

Kindleアプリのメリットについて私が感じた点を挙げていきます。

 

Kindleアプリには書籍を開いたときに画面の左上をタッチすると「この本の情報」という項目があります。

ここで、本全体の読了目安時間を把握することができます。

読了時間の見通しがたたないと、だらだらとした読書になってしまします。

 

さらに読書中には画面の下部に章の読了時間の把握、上部に時計を表示できるので、忙しい

そのように読んでいても効率が悪いですし、これだけ時間を意識できる機能がついているのは、個人的に非常にありがたいです。

 

Kindleアプリは、自分が購入した書籍リストの下に、自分が購入した書籍に関連したジャンル・出版社が発行している書籍がおススメとして表示されます。

関連分野の知識を深めたい・読みたい場合や、その出版社の他の書籍を購読したい場合は大いに役立つ機能だと思います。

 

アンドロイドのKindleアプリで電子書籍を読むデメリット

アンドロイドでKindleアプリを使った際のデメリットも紹介していきます。

 

他の端末ではどうかわかりませんが、私のスマートフォンの場合ですと、購入した電子書籍によっては本の目次一覧をタッチしても自分が読みたい項目に移動できないのがやっかいです。

 

そのため自分が読みたい項目までスワイプしなければならないので面倒くさいです。

 

一応ロケーション検索という機能があるのですが、事前に電子書籍を読みそのページのロケーション番号を把握しておかなければならないと思われるので、やや使いづらい印象を受けます。

 

また先ほど長所としてご紹介した、購入した書籍に関連したジャンル・出版社が発行している書籍がおススメとして表示される機能は、自分のアプリ上に表示される分野やジャンルが偏ってしまう可能性もあるので、ある意味では短所でもあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Kindleの利便性や使い心地について1つ1つ詳しくご紹介できませんでしたが、電子書籍での読書がはかどる機能がたくさん搭載されていることを知っていただけたかと思います。

電子書籍での読書をまだしたことがない方は、ぜひ1度スマートフォン用のKindleアプリを使用してみてはどうでしょうか。

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました!

Sponsored Link

本や読書好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



kindle1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です