ファンタビのオブスキュラスの意味は?ディメンターとは違う?

fanta

世界中で大ヒットを収めた「ハリー・ポッター」シリーズの続編、「ファンタスティック・ビースト」シリーズ。

シリーズ第2作は今秋にも公開が決まっていることが発表されました。

すでに公式予告動画がユーチューブ上にアップされており、1作目でおなじみのニュートをはじめとしたレギュラーキャラクターや若きダンブルドアの登場にワクワクしてしましますね!

さて、そんなファンタビですが第一作目で気になることがありましたよね。

第一作目で物語の中心に描かれたオブスキュラスです。

ニュートが少し説明していましたが、まだその全貌が明らかになっていません。

そこで今回は、オブスキュラスの意味、ディメンターとは違うのかについて掘り下げていきたいと思います^^

オブスキュラスとは?

obu

オブスキュラスとは、精神的・肉体的な虐待を受けた魔法族の子供たちに発症する闇の力です。

あくまで力そのものを指すので宿主である媒体(子供の魔法使い)が必要です。宿主の子供のことをオブスキュリアルと言います。

この闇の力は、精神的・肉体的な虐待によって悲しみ、怒り、苦痛などの極度のストレスを受け続けると発症するようです。

 

一応発症しても日常生活を送ることは可能です。しかし、精神的・肉体的な苦痛が極限状態に達するとオブスキュリアル(宿主の子供)はオブスキュラスの制御ができなくなり力を暴発させます。

特徴は、黒い風のような形状です。街の通りや地下鉄の路線を粉々に破壊してしまうほどのとても危険な力を持っています。

 

作中での説明よれば、一般的にオブスキュラスを発症した子どもは10歳前後で死亡し、宿主である子どもが亡くなるとオブスキュラスも消滅します。

ただし、クリーデンスのように強大なオブスキュラスを持っている場合は例外的に10歳を超えても生き続けることが可能なようです。

 

ニュートは独自の方法を編み出してオブスキュラスを宿主から引きはがし、トランクの中でオブスキュラスを保存しています。保存状態の形状は、黒い液体が浮遊した形をしています。

オブスキュラスはディメンターとは違う?

Sponsored Link

ハリー・ポッターの作中で、闇の力を持っていて有名なのはディメンター(吸魂鬼)です。

ディメンターとは、闇の力を持った“生物”であり、魔法使い(人間を含みます)の幸せな記憶を餌として吸い取ります。

幸せな記憶を吸い取られた者は、絶望や憂欝な気分に陥ります。さらに魂も奪うこと、つまり吸魂することができ、魂を奪われた者は昏睡状態になってしまいます。

オブスキュラスもディメンターも闇の力と言う点では同じです。

ではその違いはなんでしょうか?

 

オブスキュラスは宿主がいなければ存在することができません。

宿主が負の感情を自身の中で制御できなくなった場合に、呼応して暴発する形で現れます。オブスキュラスそのものに意志はなく、外発的に引き起こされるものです。

一方でディメンターはそれそのものが“生物”なので、宿主なしで存在し、餌(幸福な記憶・魂)を必要とします。基本的に死んだり、消滅することもありません。

 

一応生物なので意志があり、魔法省に従ってアズカバンの看守をしたり、ヴォルデモート卿が復活した際には闇の魔法使い側についています。

ディメンターについては、原作や映画の第三シリーズ「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」をご覧いただくとイメージがいっそうわきやすくなると思うので、ぜひご覧ください。

オブスキュリアルとは?

オブスキュリアルとは、精神的・肉体的な虐待を受けてオブスキュラスを発症させた、オブスキュラスの宿主となる子供の魔法使いや魔女のことです。

ニュートのジェイコブへの説明によれば、

魔法使いと人間(マグル)が共存していた時代、魔法使いはマグルから差別をされていました。

そのためオブスキュリアルはファンタビの作中の時代と比べて一般的だったようです。

魔法使いと人間が共存しなくなり、お互いの世界に住み分けられてからは、迫害による苦痛もなくなり、オブスキュリアルは以前ほど見かけなくなったようです。

アメリカ合衆国魔法議会の議長を務めた魔女であるセラフィーナ・ピッカリーは、

オブスキュリアルによる一連の事件について、「1926年までにアメリカ合衆国からオブスキュリアルが根絶された」と述べていました。

現代魔法界においては数の減少が甚だしい存在であるようです。

グリンデルバルドはオブスキュリアルであるクリーデンスを誘惑していましたが、オブスキュラスをどのように使用したかったのかが気になりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめると、

・オブスキュラスとは、強い破壊力を持った闇の力である。

・オブスキュリアルとは、オブスキュラスの宿主となる子供の魔法使いのことである。

・ディメンターは生物で意思を持っているのに対し、オブスキュラスは宿主なしで存在できず、外的要因によって発生するので意思は持たない。

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。

>>ファンタスティックビースト(字幕吹き替え)の動画をフルで実質無料で視聴する方法

Sponsored Link

本や読書好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

fanta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です