ティッツァーノのスタンドは強い?名前の由来と意味についても

2018年10月5日から放送中のジョジョの奇妙な冒険第5部。

護衛を任されたことで、組織内の敵勢力との戦いが徐々にヒートアップしてきています。

まだ序盤ですがチームのメンバーも活躍し始め、敵との戦いがより楽しみになってきますね。

今回は敵の中でティッツァーノについて書きたいと思います。

スタンドは強いのか、名前の由来と意味について掘り下げていきたいと思います^^

 ティッツァーノとは

ティッツァーノは『ジョジョの奇妙な冒険』第5部に登場する、ギャング組織・パッショーネの一員です。

組織内ではディアボロの親衛隊としてスクアーロとコンビで活動します。

見た目の特徴は、

銀髪の長髪、頭に巻いた黒いバンダナ、褐色の肌、

上半身がバスケのユニフォームのような白色の服です。

性格は基本的に冷静です。

ナランチャが逆襲し始めた時もスクアーロが動揺しているのに対し、

淡々と戦況を分析したり、スクアーロを落ち着かせたりしました。

頭もキレる人物で、ジョルノとナランチャの戦略の意図を把握したり、めまぐるしく変わる戦況にいち早く対応して、

 

戦いを優位に進めるために自身のスタンド能力の解除の判断を下したりました。

物語への関わりは、ディアボロの正体を探るためにヴェネツィアを去ろうとしたブチャラティチームを殺害するために、ブチャラティチーム(主にナランチャ)と戦闘を始めます。

まずナランチャを襲い、スクアーロとの連携プレイで彼に自身のスタンドを仕掛け、言語機能の自由を奪いました。

 

言語機能の自由を奪い、戦いやすい状況に誘導しようと試み、一時は戦況を優位に進めてジョルノの捕獲に成功します。

しかし最後はジョルノの機転とナランチャの取った行動によって、居場所が見つかってしまい形勢逆転されてしまいます。

そしてスクアーロを庇ってナランチャのスタンド・エアロスミスの銃弾に倒れ、死亡しました。

Sponsored Link

 ティッツァーノのスタンドは強い?

ティッツァーノのスタンド名はトーキング・ヘッドです。

見た目は、体の形がタツノオトシゴで、人間の両腕を生やしています。

顔の部分は人間のような顔をしています。

頭からはたこ足が3本生えており、背中とその足にはタコの吸盤があります。

それで相手の舌にひっつきます。

基本情報は以下になります。

 

能力:人間の舌にとりついた場合、その人間に嘘だけを喋らせることができる

破壊力:E
スピード:E
射程距離:B
持続力:A
精密動作性:E
成長性:E

結論から言えば、トーキング・ヘッドは単体だと強くないでしょう。

能力が能力なので、上述の通り戦闘性能はEであり、悪いです。

近距離戦になれば、スタンドでティッツァーノが身を守ることもできません。

遠距離戦も、そもそもトーキング・ヘッドの設置手段をどうするかが問題になります。

また相手の舌の動きをある程度支配できて、舌にナイフを持たせてナランチャに襲い掛かりましたが、

こうした攻撃方法になるので殺傷力には欠けますし、奇襲が前提です。

このように単体だと戦闘には向いていないです。

しかし、他のスタンドとコンビを組んだ場合、相手が複数の場合は別です。

まず味方にトーキング・ヘッドを仕掛けて来てもらうといった使い方ができます。

設置対象は嘘しか喋れなくなるので、相手を混乱させて自分たちの優位な戦況に誘導することができます。

実際にナランチャは自身が把握している敵の情報をチームのメンバーに正しく伝えることができず、メンバーを困惑させて呆れさせてしまいました。

そうして追い込まれたナランチャがエアロスミスで乱発したことでジョルノを捕獲されたり、

ミスタに誤った指示をしてしまい、爆発を起こしてしましました。

コンビを組み、殺害担当のフォローに徹する時は非常に利便性のあるスタンドかなと思います。

名前の由来と意味は?

由来と意味を調べたところ、確定した根拠はわかりませんでした。

しかしそれらしきものは見つかりました。

イタリアの中世にはティツィアーノ・ヴェチェッリオ(Tiziano Vecellio)という画家がいます。個人的な推測ですが、彼が由来なのではないかなと思います。

彼は生まれはフィレンツェですが、ヴェネツィアに行っています。

ヴェネツィアではヴェネツィア派の画家として活躍し、流派の中で最も重要と言われている画家です。

5部はイタリア語のキャラクター名が多いですし、

ティッツァーノのみがイタリア語に由来していないというのも考えづらいです。

また彼が護衛チームの追っ手として登場したのがヴェネツィアです。

これらの要素を考えると、ティツィアーノ・ヴェチェッリオから採ったのかなあと思います。

 まとめ

・ディアボロの親衛隊で、スクアーロとコンビで活動する

・ティッツアーノ単体は戦闘向きではない。コンビを組みフォローに徹すると強力さを発揮する

・確定情報は見つけられなかったが、ヴェネツィア派の画家のティツィアーノ・ヴェチェッリオが由来かもしれない

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

ジョジョの奇妙な冒険5部のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link


漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です