ギアッチョのスタンド能力は強い?名前の由来と意味についても

2018年10月5日から放送されているジョジョの奇妙な冒険第5部。

3部以降はスタンドという概念が当たり前になり、敵味方問わずスタンド使いが登場するようになります。

一人一人違う能力を持っているので、どんな戦いを見せてくれるのかいっそうワクワクするようになりましたね。

今回は第5部のスタンド使いの中で、ギアッチョについて書きたいと思います。

スタンド能力は強いのか、名前由来意味について掘り下げていきます^^

 ギアッチョとは

ギアッチョは、『ジョジョの奇妙な冒険』第5部に登場する、ギャング組織パッショーネの一員です。

組織内では暗殺チームに所属しています。

見た目は、渦巻いた短髪、メガネをかけていることです。

性格は、キレやすい性質です。

といっても人に対してではなく、言葉の細かい使い方についてです。

 

作中では「根掘り葉掘り」について葉は掘れないこと、

パリはフランス語読みでの認知なのに、ヴェネツィアは英語読み(ベニス)で共通言語になっていることをキレていました。

このような変人ぶりが面白くて読者に受け、人気を獲得しているようです。

一方で、ただの変人ではなく、実力も兼ね備えています。

 

物語への関わりは、2手に別れた護衛チームの内、ジョルノとミスタに当たり、彼らと戦闘を開始します。

その際には後述のスタンド能力で彼らのチャンスを何度も封じ、終盤までほぼ彼らを追い詰めました。

また執念深い気質でもあるため、

彼らが追い払おうと試みても 、何度も追いついてきました。

Sponsored Link

 ギアッチョのスタンド能力は強い?

ギアッチョのスタンド名はホワイト・アルバムです。

それは、ギアッチョ自身が氷で作ったスーツのような装備を全身に纏うスタンドです。

名前の由来は、ビートルズのアルバム『The Beatles』(通称ホワイト・アルバム)のようです。

基本情報は以下になります。

 

能力:超低温を自在に操り、周囲にあるものを冷却し凍らせる

破壊力:A
スピード:C
射程距離:C
持続力:A
精密動作性:E
成長性:E

結論から言えば、この能力は強いと言われています。

空気中の水分を極低温まで冷やすこの能力は、

近距離だと鼻や口の湿気すら凍り付けてしまい、呼吸困難になります。

加えて凍り付いた相手の身体は、ギアッチョ自身の打撃で部位ごと砕くことができるので、相手は身体の一部を失いかねません。

よって近づいて戦うことは難しいです。

かといって遠距離戦も簡単ではありません。

 

スーツも頑強で完全に破壊することはできないうえ、攻撃は超低温で冷やされた空気によって静止してギアッチョまで届かないからです。

防御技には奥の手に、ホワイト・アルバム・ジェントリーウィープスという技もあります。

これは空気を氷結して氷壁を形成し、攻撃を跳ね返す技です。

凍死、凍った身体を砕いて殺害、防御も鉄壁なので、付け入る隙がほぼありません。

 

ミスタが見つけた弱点も、対策はちゃんとされており、弱点を突き起死回生を狙うも一度目は通用しませんでした。

ジョルノもミスタも終盤まで劣勢で、勝つのがやっとでした。

強さは相当なものでしょう。

ギアッチョの名前の由来と意味

ジョジョのキャラクターやスタンドは、名前に由来があることが多くて有名ですよね。

例えばスタンドは洋楽のバンド名や曲名を名付けることがあることで知られています。

ではギアッチョの場合はどうなのでしょうか。

名前の由来について調べてみたところ、ギアッチョはイタリア語で氷を意味する言葉が由来になっているようです。

ギアッチョは能力と一致した言葉が命名されたようです。

 

またイタリアが舞台の作品なので、荒木さんも遊び心のようなものがあってイタリア語で名付けたのかもしれませんね!

第5部は食品や調味料が由来になっているキャラクターが比較的多く見られるようですが、

そういった中で食べ物でないというのは少し意外でもありますね。

まとめ

・ギアッチョはパッショーネの暗殺チームのメンバーで、言葉の使い方にキレる変人

・攻防どちらもほぼ付け入る隙がなく、弱点もカバーされているので強い

・ギアッチョはイタリア語で氷を意味する言葉が由来

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

ジョジョの奇妙な冒険5部のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link


漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です