CUFFS(カフス)傷だらけの地図のネタバレ内容は?感想と評価についても!

kahusu

男子ならケンカが強いことに憧れた時期があった方もいるのではないでしょうか。

 

学校で頂点をとる、縄張り争い、不良グループの拡大を目指す…などなど、

年頃の男子の心をくすぐるので、格闘漫画の名作は数多く存在しますが、

 

中には上記の世界観を踏襲しつつも、異なるアプローチをとっている格闘漫画もあります。

 

今回はそのうちの1つである「CUFFS-傷だらけの地図」について掘り下げていきたいと思います^^

 

「CUFFS-傷だらけの地図」とは?

kahusuu

「CUFFS-傷だらけの地図」とは、「週刊ヤングジャンプ」で1997年から2005年にかけて連載された、東條仁さんによる格闘漫画です。単行本は全32巻になります。

 

次に「CUFFS-傷だらけの地図」のあらすじをご紹介します。

 

街で最強のチンピラと恐れられていた主人公・久宝龍二は、ある日自分に突っかかってきたヤクザを殴り倒していました。

学生時代からケンカをしてきた彼にとって、素手で相手を打ちのめすことは容易いことでした。

ところが、その日ケンカになったヤクザは銃を取りだし、その銃弾は彼の頭を貫通します。

生涯を終えたと思われた龍二でしたが、気が付くと病院で目を覚ましました。

ですが、龍二の体は見知らぬ16歳の少年となっていました。

数奇なことに、その少年は龍二が亡くなった日に自殺をした彼の実の息子・沢渡憂作だったのです。

同じ瞬間に亡くなった2人は、その時に魂が入れ替わったようで、

龍二は、沢渡憂作として人生をやり直すことを誓いますが、龍二時代の悪行や、憂作が通っていた学校でのトラブルが原因で、

龍二時代のようにケンカに明け暮れる日々に巻き込まれます。

こうして龍二は波乱の第2の人生を送ることになります。

 

「CUFFS-傷だらけの地図」のネタバレ内容

Sponsored Link

さて、内容についてですが、

 

この作品は、全3章で構成されています。

 

第1章は、主に龍二(憂作)と家族、学校の友人、親友とその娘など、彼の身近な人々に関するエピソードが展開されます。

人との繋がりを毛嫌いしていた龍二が、自身の過ちを清算しつつ、周りとの関係を深めていく姿が描かれています。

 

第2章では、1章の終わりに大切な人を亡くした龍二が、その原因を作った組織に戦いを挑みます。

人を亡くしてしまった経験をしたことで苛まれ、物語はいっそうシリアスな雰囲気になっていきます。

 

第3章は、数々の戦いを経てきた龍二が、なぜ憂作として生まれ変わったのかという疑問に対する答え、生きていくための理由を見つけ出します。

 

「CUFFS-傷だらけの地図」の評価・レビュー

 

本作の見どころは、なんといってもアクションシーンです。

この作品のアクションシーンは非常に躍動感・スピード感が溢れています。

 

この作品を初めて読んだ時、華麗でスピード感のある格闘シーンに目を奪われていました。

 

ミリタリー、プロレス、拳法、棒術、剣技など多彩なジャンルの格闘シーンが描かれていますが、それらすべてに臨場感があり、それはまるでアクション映画を観ているかのようです!

 

東條仁さんはこのような作画をするのが非常に巧みで、他の作品でもその面影が見られます。

 

一方で、物語で重きが置かれているのは、年頃の男子が惹かれる不良・ケンカという格闘漫画の王道の要素の部分ではなく、

 

龍二が、過去の過ちを清算していかなければならないという、十字架を背負った生き方をすることへの苦悩、葛藤です。

 

物語が進むにつれて、心理面の葛藤は深刻さを増していくので、読んでいて重たくなるかもしれませんが、

 

心の闇に向き合った分、考えが変わっていき成長していきます。

 

格闘漫画としての秀逸さと、1人の人間の心的成長を備えているので、読み応えがあると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

・憂作として生まれ変わり、ケンカの日々に巻き込まれる

・見どころは、華麗なアクションシーンと心理面の葛藤

・心の葛藤に向き合って、人間としても成長していく

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

Sponsored Link

本や読書好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

kahusu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です