ジャネンバ変身前と変身後の強さと戦闘力は?名前の由来と意味についても

ドラゴンボールはその人気からこれまで劇場版が19作ほど制作されています。

劇場版作品は原作にはいない敵と戦いを繰り広げることが面白さの1つですよね。

原作やアニメで強敵と戦って成長しているにもかかわらず、より強大な敵が現れると思わず惹きつけられてしまいますね。

今回は劇場版作品のキャラの中でジャネンバについて執筆したいと思います。

変身前と変身後の強さと戦闘力、名前の由来と意味について掘り下げていきたいと思います^^

 ジャネンバとは

ジャネンバは、劇場版第15作『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』(1995年3月4日公開)に登場するメインの敵キャラクターです。

ドラゴンボールの世界には、地獄(悪人が死後に行く世界)があり、

その近くには、スピリッツロンダリング(=魂浄化)装置というタンクがあります。

このタンクの管理をしている赤鬼のサイケ鬼は、タンクいっぱいの悪の気に気付かず、タンクから邪気が溢れだしてしまいました。

溢れだした邪気はサイケ鬼の体を拠り所にして、怪物へと姿を変えます。

こうして生まれたのが、ジャネンバです。

ジャネンバはサイヤ人たちと同じく変身能力があります。

変身の前後で、強さも変わります。

変身前の容貌は、薄黄色の肌、ドラクエのスライムのような顔、カビゴンのようなずんぐりむっくりの巨体です。

一方で変身後の容貌は、赤い肌、その上から薄紫の鎧のような皮膚(?)を纏い、人間ほどの大きさ、二本の角と尻尾を特徴とします。

 ジャネンバの変身前・変身後の強さと戦闘力

Sponsored Link

ドラゴンボールは、最強の敵と言われるキャラクターが誰であるのかで論争が起こります。

作品ごとの戦闘描写の細かいところまで指摘していくと、強さと戦闘力が適切ではないように思える部分が出てくるからです。

その人の見方次第なので、最強と言われる敵が何人かいます。

ジャネンバもそのうちの一人のようです。

その理由として一番大きいのは、ドラゴンボールの劇場版の公式サイトである「劇場版ドラゴンボールヒストリー」で、劇場版シリーズで1番強い敵はジャネンバであると公言されていたからのようです。

そういったことも念頭に置いて、強さを考えていきたいと思います。

まず前提としてこの劇場版は、魔人ブウ編の最中という設定のようです。

というのも、

・悟空が魔人ブウを知っている

・ゴテンクスの登場

・ベジータの死

から魔人ブウ戦の最中であると思われるといった旨が『ドラゴンボール大全集』に記載されているからのようです。

なのでキャラクターの強さや戦闘力は、魔人ブウ編に影響を受けていると考えられます。

では変身前のジャネンバについてです。

作中では手合せをしている中で悟空がその強さを感じとり、超サイヤ人3へと変身しました。

この時点で強さの順は、ジャネンバ(変身前)>悟空(超サイヤ人2) になります。

そして、この変身前のジャネンバは超サイヤ人3の悟空に倒されたので、

悟空(超サイヤ人3) >ジャネンバ(変身前) になります。

考察サイトによると、超サイヤ人3の悟空は1兆2000億のようです。

よって、

1兆2000億>ジャネンバ(変身前)>3000億(超サイヤ人3=超サイヤ人2の400倍強いという設定があるそうです)

となります。

悟空はジャネンバを圧倒したようなので1兆に近いことはないと思います。

超サイヤ人2は倒せるけど超サイヤ人3との間にすごく差があると考えると、よくて5000億くらいなのかなと思います。

次に変身後についてです。

ジャネンバは変身後、超サイヤ人3の悟空ですら苦戦するほどの強さを手に入れました。

しかし最後は悟空とベジータがフュージョンしてゴジータになり、歯が立たずに倒されたようです。

よって、ゴジータ>ジャネンバ(変身後)>超サイヤ人3悟空(1兆2000億) になります。

ゴジータの戦闘力がわからなかったのですが、作中ではジャネンバが目で捉えられない打撃とエネルギー弾で圧倒したようです。

さて、圧倒というと少なく見積もった場合どれくらいの差を指すでしょうか。

日常生活で考えると、2~3倍の力の差があれば大差はつくと思います。

そうした場合、ジャネンバも超サイヤ人3の悟空を圧倒したようなので、2~3兆が妥当なのかなと思います。

 ジャネンバの名前の由来と意味

作家の中には名前が物語と関連していたり、伏線になっていたりと凝っている場合もありますよね。

しかしドラゴンボールは、キャラクターのネーミングがノリだったり、勢いで決めたという話をよく聞きますよね。

この劇場版のジャネンバには、一体どういった意味が込められているのでしょうか。

薄々わかっている方もいるかもしれませんが、どうやらジャネンバの名前の由来は“邪悪な念波”という言葉を縮めてジャネンバにしたようです。

由来は邪念から来てるのかな~と思いましたが、念波のようです。

元々ジャネンバの正体は実体のない邪気なので、この作品ではノリや勢いではなく、キャラクターの背景を考慮して命名されたみたいですね!

 まとめ

・ジャネンバの正体は地獄界のタンクに貯蔵された邪気で、体が邪気に纏われることでジャネンバになる

・ジャネンバの戦闘力は変身前後でそれぞれ、5000億と2~3兆と思われる

・ジャネンバは“邪悪な念波”を縮めてジャネンバと命名された

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

ドラゴンボールZのアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link


漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です