ピラフ大王はナメック星人でなく正体は何者?ロボットの発明は天才的!

ストーリーが進めば進むほど、シリアスな戦闘がメインになってきた『ドラゴンボール』ですが、コメディチックな初期の頃の方が好きだった言う人も多いのではないでしょうか?

今回は、悟空達と何度も対峙した「ピラフ一味」のピラフ大王についてまとめていきたいと思います。

ピラフ大王とは実際何者なのか、ナメック星人なのか、そして頭脳と発明力についても掘り下げていきますね^ ^

ピラフ大王は正体は何者?

ピラフ大王は、ピラフ一味のボスで、シュウマイと言う2人を部下として引き連れています。

ドラゴンボールを集めて世界征服をもくろむ3人組の小悪党で、何度も悟空達と奪い合いの衝突を繰り返しています。

帽子には星のマークが入っており、ドラゴンボールを狙って集めていると言うアピール、そして、服には「炒飯」の文字。

ピラフ大王の名前の由来:中華料理

ピラフ大王の名前の由来は、お分かりの通り、食べ物のピラフから名付けられているのですが、「何故に炒飯⁉︎」とツッコミたくなりますよね。

どうやら、鳥山明先生ならではのギャグみたいです。

原作では第二巻からの登場、アニメでは第一話から登場していて「一星球」を探し出しゲットするシーンが描かれていました。

悟空達からボールを奪い、初めて神龍(シェンロン)を呼び出したのがピラフ大王。

しかし、この時は先にウーロンが、とっさに願い事を言った為に、世界征服の願いは失敗に終わりました。

ちなみにウーロンが言った願い事は、「ギャルのパンティおくれー!」である…。

名言となってますよね!笑

そして、電子ジャーからピッコロ大魔王を蘇らせたのもピラフ大王でした。

おかげでピラフ一味は、復活したピッコロ大魔王に利用されてしまうハメになってしまうんですよね。

ナメック星人やガーリックJr.に似ている

身長が低く水色の素肌、尖った耳をしており、地球人とは異なる人種に見えます。

しかし、設定上は地球人であり、ナメック星人と違い触覚もなく、ガーリックJr.の様に体が大きくなる能力もありません。

設定上ではモンスター型の地球人が正しい

年齢も「ピッコロ大魔王編」の時点で38歳であり、地球人と同じ歳の取り方をしています。

ピラフは、特殊能力を持たない見た目だけのタイプ。

あくまでも、モンスター型地球人の設定なので、ピラフと同様の地球人が、他にも存在したのだと思われます。

動物型の地球人もたくさん登場するので、モンスター型地球人が居てもおかしくはないのかもしれません。

ピラフ大王の強さ

見た目だけのタイプとは言え、モンスター型なので、どれくらい強いのだろう?と思うかもしれませんが、残念ながら自身の強さは一般の地球人と変わりません。

 

しかも一味のボスでありながらも、ズバ抜けて間抜けな性格でもあります。

  1. 世界征服の目標を達成した後に、何をするのかを全く考えていない。
  2. 悟空達を催眠ガスで眠らせた後、様子を見に行ったまでは良いが、ガスマスクを着けるのを忘れて自らも眠ってしまう。

 

悪者でありながら、初期の『ドラゴンボール』らしく、天然でお笑いが入っているところも憎めないところです。

 

ピッコロ大魔王を復活させた時には、利用されるだけされて、用済みになったら飛行船から落とされると言う悲惨な終わり方にもなりました。

殺されずに済んだのが、唯一の救いだったのかもしれませんね。

戦闘力の設定:3

ちなみにピラフ大王の必殺技は「投げキッス」で、ブルマを人質にした時に、とっておきの技として見舞っています。

ピラフ一味全員が、非常にウブな性格で、「投げキッス」がすごくエッチな事だと思い込んでおり、3人とも顔を赤らめて恥ずかしそうにしていました。

 

しかしブルマに、「それがどうしたのよ」と返され、信じられないくらい驚いていたと言う…。

更にブルマが、「てっきり裸にされて”へろへろ”とか”きょいきょい”とか”ぱふぱふ”とか”いんぐりもんぐり”とかされるのかと思っちゃった」と発言した時には、「なんていやらしい奴なんだ!」「変態だ!」とぶつけていました。

 

正直、ぱふぱふ以外は全く意味が分からないのですが…。

結論としては、ただのウブなモンスター型地球人。

身長も低い事から、普通の一般市民より戦闘力は下の可能性もありますね。

ロボットや発明では天才的

人一倍間抜けな反面、頭脳は天才的であり、戦闘用合体ロボット「ピラフマシン」やドラゴンボールの位置を特定不能にするケースなど、様々な科学力を発揮しています。

自称、偉大な科学者と言っているように、発明力と、それに使う資金力はかなり自信があるみたいですね。

ただ、結局最後は悟空に返り討ちにされるのが定番となっていて、オチに使われる、いわゆる「やられキャラ」になっています。

初期では、なくてはならないキャラでしたが、お笑いタイプの悪党団なだけに、戦闘が主体となる「Z」以降は出番が無くなってしまいました。(現作ではピッコロ大魔王編が最後)

 

アニメ「ドラゴンボールGT」で再登場しますが、その頃には、かなり老体化しています。

この時は、神龍を呼び出した際に悟空と対峙し、悟空を子供にすると言う誤った願いを叶えてしまいます。

映画「神と神」では、「老人のまま世界征服しても、その後すぐポックリ逝ったら意味がない」と言って、3人を若返らせる願いを叶えましたが、若返り過ぎて幼児化しまうと言う結末。

神龍に、世界征服を叶えるチャンスが何度もあったにも関わらず、全て逃してると言うところもピラフらしいです。

まとめ

・ピラフ大王は、「ピラフ一味」のボスで、1番最初に神龍を呼び出した人物でもある

・異星人ではなく、モンスター型地球人

・自身に戦闘能力は無く、天然で間抜け、非常にウブな性格でもあり、とっておきの技が「投げキッス」

・天才的な頭脳で、発明力にも長けているが、悟空に毎回返り討ちにされてしまう「やられキャラ」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です