ウェザーリポートのスタンド能力と強さは?ヘビーウェザーのカタツムリがトラウマすぎる

ジョジョの奇妙な冒険、第6部の登場人物「ウェザーリポート」

ジョジョに登場するスタンド使いの中でも飛びぬけて強力なのスタンドの持ち主です。

そして、ウェザーリポートのスタンド能力はジョジョ6部において重要なスタンドでもあります。

今回はこんなジョジョ6部に登場するウェザーリポートについて紹介していきたいと思います。

ウェザーリポートとは

ウェザーリポートは主人公の徐倫が収監されている囚人。

罪状は殺人未遂。

 

しかし、刑務所に収監される前の記憶はなく、自分の名前すら憶えていません。

そのためスタンドの名前である「ウェザーリポート」が呼び名になっています。

刑務所に入る前の記憶がないのは、プッチ神父が記憶のディスクを奪ったことが理由です。

 

ウェザーリポートとプッチ神父は生き別れた双子の兄弟。

 

プッチ神父はその事実を教会に懺悔に来た女性から知ることとなります。

しかし、当時ウェザーリポートと付き合っていた女性はプッチ神父の妹でした。

血縁関係にあるウェザーリポートと妹を別れさせるために、プッチ神父は「何でも屋」に依頼します。

 

 

だが、何でも屋は白人至上主義団体のKKKのメンバー。

ウェザーリポートの育ての親が黒人だったことで、何でも屋はウェザーリポートをリンチして殺してしまうのです。

何でも屋に殺されたウェザーリポートを見たプッチ神父の妹は、そのショックから自ら命を絶つ最後に。

 

しかし、同時期に双子の兄弟であるプッチ神父がスタンド能力に目覚めた影響でウェザーリポートは息を吹き返すのです。

プッチ神父がスタンド能力に目覚めたことで双子の兄弟のウェザーリポートにもスタンド能力に目覚めます。

 

ウェザーリポートの目覚めたスタンド能力は、街を謎の虹と大量のカタツムリが襲うというもの。

暴走状態であるスタンド能力を止めるために、プッチ神父はウェザーリポートから記憶を奪いとる最後となりました。

 

ウェザーリポートの本名はウェス・ブルーマリン。

自分の奪われた記憶を取り戻すために主人公の徐倫と協力しています。

つま先立ちで歩くことと、顔を近づけて話をする奇妙な癖の持ち主。

口数が少ないところがあるが、思いやりがあり頼りがいのある性格。

闘いにおいても分析能力が高く冷静沈着。

 

ウェザーリポートはその性格からエルメェスと同じ兄貴的な存在になっています。

登場当初はその奇妙な行動から、近寄りがたい人物であったが次第に徐倫たちと信頼関係を築いていました。

ジョジョ6部において、ウェザーリポートとそのスタンド能力そしてプッチ神父との関係性は重要な鍵になっています。

ウェザーリポートのスタンド能力の強さについて

ウェザーリポート
【破壊力 – A / スピード – B / 射程距離 – C / 持続力 – A / 精密動作性 – E / 成長性 – A】

 

ウェザーリポートのスタンド能力は

『天候や空気を広範囲にわたり操作すること』

 

天候を自在に操る能力の範囲は幅広く、雨を降らせたり、風を吹かせたり、霧を出すくらいはお手の物。

雷やスコール、ハリケーンを呼び起こすこともできます。

 

さらには、天候によって起きる現象を再現することもできて、空からヤドクガエルや魚を降らせることもできます。

応用次第では霧を使った幻を見せたり、雲を利用して宇宙服を作ることも可能なのです。

 

射程距離がC判定となっているのは、スタンドでの攻撃範囲。

天候を利用した攻撃なら広範囲での攻撃も可能なので、射程距離は遠距離操作型のスタンド以上でしょう。

 

スタンド能力の強さだけなら、ジョジョ6部のボスになってもおかしくない程の強さです。

ジョジョ4部に登場した、レッドホットチリペッパーとアクア・ネックレスのような物質を操る上位スタンドといったところでしょうか。

Sponsored Link

ヘビーウェザーについて

ウェザーリポートがスタンド能力能力にはもう一つ能力があります。

 

記憶を失う前に発現したスタンド能力「ヘビーウェザー」

 

そのヘビーウェザーの能力は人々を無差別にカタツムリにするという恐ろしい能力。

 

スタンドの能力でオゾン層を操作して太陽光の性質を変化させ虹を発生させます。

その虹の光を見た人は、

「自分はカタツムリになってしまう」

 

というサブリミナル効果を引き起こし徐々にカタツムリになっていくのです。

 

さらに、そのカタツムリに触れた人も同じようにカタツムリになっていくという恐ろしい能力。

しかし、この能力はウェザーリポート自身コントロールが出来ておらず暴走状態。

無差別に街中の人々をカタツムリに変える能力は、ジョジョに登場したスタンドの中でも猟奇的なスタンド能力です。

 

しかし、虹の光を見ることでサブリミナル効果を引き起こすという原理から視力がないものには効果がありません。

さらに、暴走状態の能力を止める方法は、ウェザーリポートの記憶を奪うか殺すしかないのです。

カタツムリがトラウマになるという意見も

ジョジョの奇妙な冒険にはスタンド能力がゆえにトラウマになってしまうシーンが数々登場します。

ヘビーウェザーの町の人々を無差別にカタツムリにするシーンもジョジョファンにとってはトラウマになっている人もいるようです。

 

ジョジョシリーズのトラウマになるシーンは・・・

「ダービー弟の人形コレクション」

「振り返ってはいけない小道」

「露伴が蜘蛛食べてるところ」

「ディアボロの床下ママ」

という意見がありますね。

 

ただ、ヘビーウェザーのカタツムリにする能力へのトラウマは強烈だったようで・・・

「訳も分からないままカタツムリになって、マイマイカブリに食べられる・・・」

「ウェザーのカタツムリ始めて読んだジョジョがその辺りで、作品自体しばらく受け付けなかった・・・」

とジョジョ史上最大のトラウマとなったスタンド能力だったようです。

まとめ

・ウェザーリポートは主人公の徐倫が収監されている囚人で、プッチ神父の生き別れた双子の兄弟。

・ウェザーリポートのスタンド能力は天候を操るといった強力な能力で、ジョジョ6部のボスになっていてもおかしくはない程の強さ。

・ヘビーウェザーはオゾン層を操り「自分はカタツムリになってしまう」というサブリミナル効果を引き起こす恐ろしい能力。

・ヘビーウェザーの無差別にカタツムリにする能力はジョジョ史上最大のトラウマになっている。

ジョジョ3部のアニメ動画を無料で見ることができます!

詳細についてはこちら
ジョジョの奇妙な冒険3部のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link

漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です