ホルマジオのスタンドは強い?名前の由来と意味についても!

2018年10月5日から放送されているジョジョの奇妙な冒険第5部。

3部以降はスタンドという概念が当たり前になり、敵味方問わずスタンド使いが登場するようになります。

一人一人違う能力を持っているので、どんな戦いを見せてくれるのかいっそうワクワクするようになりました。

今回は第5部のスタンド使いの中で、ホルマジオについて書きたいと思います。

スタンド強いのか、名前由来意味についても掘り下げていきたいと思います^^

 ホルマジオとは

ホルマジオは『ジョジョの奇妙な冒険』第5部に登場する、イタリアのギャング・パッショーネの一員です。

パッショーネの中では、暗殺チームに所属しています。

見た目はいかつく、髪型は剃り込みのある坊主ヘアーで、鋭い目つきをしています。

彼もやはりギャング、中でも暗殺チームに属しているのでかなり頭がキレます。

暗殺チームでは自身のスタンドの能力を軽視されていますが、作中では機転を利かせて能力を効果的に使って相手を劣勢に追い込む様子が描かれています。

また少ない情報にもかかわらず相手の事情やスタンドの能力を推察しており、

こうしたことから暗殺チームの中でも断トツで頭の回転の速い人物と思われます。

次に作中での経歴についてですが、

最初彼は組織の幹部であるポルポの葬儀にブチャラティチームが参加しなかったことに違和感を覚えました。

そこでまずナランチャを尾行します。

尾行中、買い物の中身からナランチャがトリッシュの護衛に絡んでいることを推測し、交戦状態に。

ナランチャを拷問してトリッシュの居場所を突き止めようとします。

戦況は互いに優勢・劣勢を展開しますが、最後にはナランチャに追い詰められてしまいます。

そしてお互いに正面からぶつかり合いますが、ナランチャのスタンド・エアロスミスに攻撃され、銃弾を受けて亡くなりました。

 ホルマジオのスタンドは強い?

Sponsored Link

ホルマジオのスタンドはリトルフィートと言います。

基本情報は以下になります。

スタンド名:リトル・フィート
能力:右手人差し指の刃で切った対象を縮小する

破壊力:D
スピード:B
射程距離:E
持続力:A
精密動作性:D
成長性:C

リトルフィートは、切った対象を縮小する能力のスタンドです。

この縮小は一回始まると止まることなく縮小し続け、本体やリトルフィートから離れても効果が解けません。

作中ではナランチャは蜘蛛と戦わされるほど小さくなりました。

また縮小に比例して本体の重さや力はもちろん、スタンドの大きさや力も小さくなります。

能力の持続性や大きさに比例して重量や力が下がるのは非常にやっかいですね。

例えばアリ以下のサイズになってしまえば、スタンドも近距離パワー型では意味ないでしょうし、能力も系統によってはなす術がないですもんね。

この効果は本体のホルマジオ自身にも使うことができ、その場合は大きさの調整や本人の意思で元に戻ることができます。

能力の無効化に関しても上記の通り本体の意志が関係しているので、倒すほかに方法がありません。

そのため小さくなってからでは、打つ手がなくなってしまいかねません。

こうしてみると利点が多く、暗殺チームに軽視されがちなリトルフィートは戦い方次第では十分脅威になるスタンドですね。

実際ホルマジオはその頭の回転の速さで能力を活かし、ナランチャを追い詰めたことからもその強さがうかがえると思います。

 ホルマジオの名前の由来と意味

ジョジョのキャラクター(スタンド)は、洋楽のバンド名や曲名を名付けていることで有名ですよね。

ではホルマジオの場合はどうなのでしょうか。

名前の由来について調べてみたところ、どうやら5部のキャラクターはイタリアの食べ物や調味料の名前から採っているキャラクターが見られます。

その中でホルマジオは、フォルマッジョというイタリア語でチーズを意味する言葉が由来になっているようです。

イタリアが舞台の作品なので、荒木さんも遊び心のようなものがあって名付けたのかもしれませんね!

 まとめ

・ホルマジオはパッショーネの暗殺チームの所属で、かなり頭がキレる人物

・軽視されがちな能力だが、戦い方次第で脅威になる威力のあるスタンド

・フォルマッジョという、イタリア語でチーズを意味する言葉が由来

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

ジョジョの奇妙な冒険5部のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link


漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です