リゾットネエロのスタンドメタリカは最強?目が黒くて怖い?

2018年10月5日から放送されているジョジョの奇妙な冒険第5部。

3部以降はスタンドという概念が当たり前になり、敵味方問わずスタンド使いが登場するようになります。

一人一人違う能力を持っているので、どんな戦いを見せてくれるのかいっそうワクワクするのが魅力です。

今回は第5部のスタンド使いの中で、リゾットネエロについて書きたいと思います。

スタンドは最強なのか、目が黒くて怖いのかについても掘り下げていきたいと思います^^

 リゾットネエロとは

リゾットネエロは『ジョジョの奇妙な冒険』第5部に登場する、イタリアのギャング・パッショーネの一員です。

パッショーネの中では、暗殺チームに所属しており、リーダーを務めています。

1974年生まれの28歳で、シシリー出身です。

見た目は頭に被った黒いフード、 素肌に黒いロングコート、横縞のパンツ、長身といった特徴のある人物です。

暗殺チームに属し、その中でもリーダーを務めるので頭が非常にキレます。

その上性格も落ち着いているので、暗殺に適した人材です。

任務も一度も失敗したことがないようです。

作中では、暗殺チームは組織内での冷遇に不満を感じていました。

そんな時にディアボロの秘密を探った部下のソルベとジェラートの二人が、

ディアボロに殺害されたことで憤りを感じ、不満も相まって復讐に奔ります。

その過程で、ディアボロの娘であるトリッシュ・ウナの存在を知ります。

リゾットはトリッシュからディアボロの弱点を知って彼を殺害するため、

また麻薬ルートを奪うためにトリッシュを拉致を試み、物語に絡んできます。

 リゾットのスタンドメタリカは最強?

Sponsored Link

リゾットのスタンドはメタリカと言います。

名前はアメリカのヘヴィメタルバンド「メタリカ」に由来しているようです。

基本情報は以下になります。

能力:対象の鉄分を磁力で操作する
破壊力:C
スピード:C
射程距離:C
持続力:A
精密動作性:C
成長性C

メタリカの磁力で鉄分を操作するとは、空間や血液中にも適用されます。

そのため空間の鉄分を身に纏うことで周囲に同化して、姿を隠すことができます。

血液の場合は、血液の中の鉄分を刃状に変化させて体内を傷つけることができます。

この刃状の武器は磁力で操作することができるので、

体内を切り裂いて体外に排出するほど対象を痛めつけるといった攻撃もできます。

またその過程で鉄分が体外に排出されることで、体内の鉄分が減ります。

そのため体内に酸素が巡らなくなり、酸素欠乏症になって亡くなってしまいます。

自分の手を汚すことなく死に至らすことができるので、暗殺にはうってつけでしょう。

こうした能力からメタリカは強いスタンドであると言われています。

もちろん非常に強力な能力であり優れた戦闘力はあるでしょう。

しかし最強かと言われると、やはり相手スタンドとの相性に左右されるので、最強ではないでしょう。

作中ではディアボロに負けましたし。

ただ、暗殺チームを統括するだけのスタンド能力なので実力は上位だと思われます。

 目が黒くて怖い?

リゾットの特徴は白黒が反転した目です。

ジョジョに限らず、漫画のキャラクターにはよくあるデザインではありますよね。

こうしたデザインは特に子供からは怖いと言われます。

ジョジョの場合は劇画風な絵柄ですし作風も作風なので、いっそう怖さが際立つので怖いと言われているようです。

また作者の荒木さんはリゾットの目について、“黒目がすごく大きい人”だと述べているそうです。

カラーの画像とか見ると紙だと白目の部分がカラーだと茶色く(水晶体?)、その周りを黒が囲っているので、黒目が大きいという説は本当っぽいですね!

ちなみにリゾットネエロという名前はイタリア語で、イカ墨リゾットを意味するようです。

ネエロという言葉は単体では黒を意味するようです。

決まったのは名が先か、キャラデザが先かわかりませんが、リゾットは黒がポイントのようですね!

 まとめ

・ギャング・パッショーネの暗殺チームのリーダーで、ディアボロ殺害のために物語に絡んでくる

・暗殺には適しているので協力。しかし最強かは相手スタンドとの相性による

・白黒反転の目をしているのは反転しているのではなく黒目が大きいのだと述べているようである

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

ジョジョの奇妙な冒険5部のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link


漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です