ヤジロベーの強さと戦闘力は?天才や有能といわれる理由についても

ドラゴンボールには各編に敵味方問わず魅力的なキャラクターが登場します。

そういった敵や脇役は物語やキャラクター同士の関係に味を出してくれて、作品をより楽しくしてくれます。

そこで今回はヤジロベーについて書いていきたいと思います。

強さと戦闘力、天才や有能といわれる理由についても掘り下げていきたいと思います^^

 ヤジロベーとは

ヤジロベーは悟空たちの仲間です。

元々はドラゴンボールを探して来た悟空に朝食の獲物を横取りされたことをきっかけに出会い、その後数々の戦いに巻き込まれていく中で仲間になっていきました。

誕生:エイジ735

身長:165cm

体重:78kg

趣味:食べること、釣り、狩猟、昼寝

好きな食べ物:野豚の丸焼き

好きな乗り物:拾ったエアカー

嫌いなもの:特になし

浮浪のように旅をしながら生活をしていましたが、物語が進んでからはカリン塔に住むようになりました。

なので、仙猫カリンの遣いとして悟空たちを伺うこともあります。

 

性格は利己的で、面倒くさがり屋です。

地球に襲来する強敵との戦いにも関わらず、しぶしぶ修行を行う有様です。

ただ、決して薄情なわけではないし、勇敢さも備えています。

悟空とピッコロの戦いでは上空から落ちた彼を助けて、そのままカリン塔にかかえて行きました。

サイヤ人が襲来した時には大猿化したベジータの尻尾を斬ったり、

隙を突いてベジータを背後から斬るなどアシストをしています。

こうした活躍によってピンチを脱することもしばしば。

面倒くさがりで臆病だけれど、仲間の一大事には行動できる姿は、その丸っこい容貌と相まって憎めないキャラクターになっています。

 ヤジロベーの強さと戦闘力

Sponsored Link

ヤジロベーは悟空たちの中で一番弱い戦士の1人とも言われているようです。

実際のところその強さと戦闘力はどうなのでしょうか?

上述の悟空と出会った時、ヤジロベーは悟空と対等に戦っています。

その直後にはドラゴンボールを追ってきた魔族のシンバルを倒しています。

この時の戦闘力が180と言われており、そもそも亀仙人の下で修行をこなした悟空と渡り合っている時点で、

当時は相当の実力者といえるでしょう。(それから作品は周知の通りインフレが止まりませんでしたが)

 

サイヤ人襲来時もしぶしぶ修行を行っているにもかかわらず、

つまり手を抜きながらこなしているのに戦闘力は970ほどまで上昇しているそうです。

当時の人間としては規格外の戦闘スペックを持っています。

加えて、作中では剣術にも優れている描写があります。

上述したように、ベジータの尻尾を斬ったり、背後から斬撃を喰らわせたりしました。

なんとサイヤ人の戦闘服を切り裂くほどの実力も見せています。

そういった意味でいえば、戦闘の才能はあったでしょう。

 

ただ本人の面倒くさがりな性格も相まって、舞空術や気功波は使えないようで、

結果的には他の戦士達にははるかに劣ってしまうことになりました。

 ヤジロベーが天才・有能といわれる理由

悟空たち戦士の中では実力がはるかに劣るヤジロベーですが、天才・有能と言われています。

一体なぜでしょうか。

まず、そもそもヤジロベーは悟空と出会った時に対等に渡り合っていました。

修行をしたことがないのに、基本の実力が180というのは当時の人間としては極めて異例です。

直後に襲い掛かってきたシンバルも倒していますし。

 

しかもサイヤ人襲来時は、上述したように渋々ながら修行して970まで戦闘力が伸びています。

手を抜きながらというか、嫌々やってそれほどの伸びをみせているので、戦闘の才能はおそらく結構ある方でしょう。

剣術にも長け、シンバルやサイヤ人の戦闘服も切り裂きました。

このように誰か師匠のもとに就かずに、武術と剣術に優れた人間はなかなかいません。

 

そのため天才と言われています。

もし本気で鍛えていたらすごいことになるのかもしれませんね!

作中では本人は自覚してませんが、上述したように当時はその実力で悟空たちピンチを何度か助けています。

そのため、有能と言われています。

 まとめ

・ヤジロベーは悟空たちの仲間で、悟空たちのピンチを救ってきた

・初登場時に悟空と対等に渡り、サイヤ人襲来時は970まで上昇し、当時の人間としては規格外のポテンシャルの持ち主

・元々戦闘力180ある上に、渋々の修行で970まで上昇する戦闘の才を持つので天才

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

ドラゴンボールZのアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link


漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です