小林玉美は話が進むにつれて身長が縮んだのはなぜ?体のサイズで強さを表している?

ジョジョの奇妙な冒険、第4部で登場する小林玉美。

他のスタンドとは違った切り口のスタンド能力を持っています。

そんな小林玉美ですが、登場したころとは違ってだんだんと身長が小さくなっている気が・・・・

今回はこんなジョジョの奇妙な冒険、第4部で登場する小林玉美についてまとめてみました。

小林玉美とは

小林玉美は第4部で登場の主人公、仗助たちが通うぶどうヶ丘高校の卒業生で年齢は20歳です。

ゆすり屋として生活を送っていますが、広瀬康一に敗れた後は金融屋の取り立ての仕事をするようになりました。

また、歳下である広瀬康一の舎弟のような存在になっていたり、露伴と仗助のチンチロリン勝負のときは立会人として姿を見せていますね。

 

虹村形兆に矢で射貫かれたことで、「ザ・ロック」のスタンド能力に目覚めます。

左の頬にある傷は、矢で射貫かれたときにできた傷だと考えられます。

顔を屋で射貫かれても死ななかった、小林玉美のスタンド能力は結構変わっている能力なんです。

 

小林玉美のスタンド能力は、相手に罪悪感を抱かせることで発動する能力。

罪悪感を持ってしまうと、ザ・ロックが発動し、錠前の形をしたスタンドがからだにのしかかり、精神的にダメージを負わせる能力です。

ザ・ロックが発動してしまうと、小林玉美の言うがままになってしまうとう恐ろしい能力なんですね。

 

スタンド能力発動には、罪悪感を抱かないと発動しないので、小林玉美はあれよこれよと罪悪感を持たせるための偽造工作を行います。

広瀬康一に罪悪感を持たせるときには、袋の中に猫に死体に見せかけた人形を入れて、自転車を運転する広瀬康一に轢かせます。

また、持ち前の口話術で相手を追い込み、罪悪感を持たせてザ・ロックの能力を仕掛けるのです。

罪悪感を持たせれば勝ちというシンプルな能力ですが、罪悪感を全く持つことがないような悪役には有用しないでしょうね。

ディオのような、根っからの悪役には瞬殺されるのではないでしょうか。

 

また、罪悪感を持たせても、その罪悪感が無くなるとザ・ロックの能力も消えてしまいます。

能力自体は最強ですが、発動までにかなりの労力が必要になってしまうことが唯一の欠点ですね。

小林玉美に罪悪感を持たせる、とてつもないトーク力があれば最強のスタンド使いだったんじゃないでしょうか?

時を止めるスタンドを持つ空条承太郎でさえも、ザ・ロックが発動すれば負けていたかもしれません。

小林玉美は身長が縮んだ?

Sponsored Link

小林玉美のプロフィールは153㎝の身長です。

漫画に初めて登場したときは、広瀬康一よりもはるかに身長が高く、仗助たちと同じ8頭身で登場していました。

しかし、ストーリーが進むにつれて身長が小さくなっています・・・・

 

広瀬康一をゆすっているシーンでは、広瀬康一より少し身長が高いくらいですが、広瀬康一の舎弟になった時は広瀬康一とほとんど身長は変わりません。

それどころか、8頭身だった体が、3頭身か4頭身くらいのかわいい感じになっています。

小林玉美の伸長が153㎝で広瀬康一と同じくらいなら、仗助たちの伸長は2.5mくらいということになってしまいますね。(笑)

 

漫画にはよくある現象ですが、こんなに身長が縮んだキャラクターは小林玉美くらいではないでしょうか?

身長は縮んでいますが顔の大きさは変わっていませんね。

なぜ身長のサイズが小さく描かれたのか

ジョジョに登場するキャラクターは登場したときと結構顔つきや、雰囲気が変わっています。

小林玉美の伸長が小さく描かれていることも、このことが関係していると思われます。

 

仗助や億泰が初めて登場してときは、かなりの悪役チックな表情をしていました。

特に億泰が初めて登場したときは、北斗の拳に登場する悪役並みに悪な顔つきでしたね。

しかし、第4部の後半では、お調子者の明るい高校生でした。

広瀬康一も登場した当初は、薄っぺらな感じの顔でしたが、成長するにつれて顔の各パーツがはっきりしていましたね。

ジョジョの奇妙な冒険の作者の荒木飛呂彦さんがよく使う手法で、登場キャラクターを際立たせるためのデフォルメです。

 

ジョジョの奇妙な冒険に登場する、キャラクターはかっこよくなっていたり、かわいくなっているというデフォルメされています。

しかし、身長が縮むデフォルメがされているのは、小林玉美の小物感を上手く出すためでしょう。

小林玉美の登場シーンはヤンキーすわりをしていて、かなりの悪に見えます。

しかし、身長が小さくなっていることで、悪ではなく小物的なキャラを表現しているのではないでしょうか?

まとめ

・小林玉美は身長153㎝のぶどうヶ丘高校卒業生の20歳。

・ゆすりをして生計を立てていたが、広瀬康一に敗れた後は金融屋の取り立ての仕事をしている。

・小林玉美のスタンド能力は「ザ・ロック」相手に罪悪感を持たせることで発動し精神的に追い込むことができる。

・小林玉美が登場したときは広瀬康一より伸長が高い設定だが、話が進むにつれて広瀬康一と同じくらいの伸長になっている。

・小林玉美の伸長が小さく描かれたのは、作者の荒木飛呂彦さんがよく使うキャラクターを際立たせるためのデフォルメ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ジョジョ4部のアニメ動画を無料で見ることができます!

詳細についてはこちら
ジョジョの奇妙な冒険4部のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link

漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です