ヴィヴァーノウエストウッドの名前の由来と元ネタは?プラネットウェイブスの能力と強さについても

ジョジョの奇妙な冒険、第6部に登場するヴィヴァーノウエストウッド。

グッチョのスタンド、サバイバーの能力によって暴動を起こしたきっかけの人物です。

この、ヴィヴァーノウエストウッドはプッチ神父との繋がりはありません。

しかし、プッチ神父の策略にハマったキャラクターといえるでしょう。

そして、ヴィヴァーノウエストウッドももちろんスタンド能力があります。

そこで、今回はこんなジョジョ6部に登場するヴィヴァーノウエストウッドよスタンドのプラネットウェイブッドについて紹介してい行きましょう。

ヴィヴァーノウエストウッドとは

プラネットウェイブッドは徐倫が収監される刑務所の看守です。

元警官の囚人、DアンGが収監されている特別懲罰隔離房棟の看守を務めています。

 

28歳で、看守としての勤務歴は3年目。

筋肉質な体型と刈り上げ頭が特徴的。

 

看守が囚人をいびるということはよくありますが、彼の場合は囚人に消火用ホースの放水して賭け事として楽しんでいます。

また、囚人たちに強い差別意識を持っています。

 

ヴィヴァーノウエストウッドが登場したのはDアンGが収監される特別懲罰隔離房棟。

 

同僚のソニー・リキールといつものように消火用ホースで徐倫に向かって放水し賭けをしていました。

しかし、ソニー・リキールが誤ってヴィヴァーノウエストウッドに水を浴びせてしまいます。

 

その結果、たわいもない小突きあいに。

しかし、グッチョのスタンド、サバイバーの能力によって同僚のソニー・リキールと殺し合いとも思える殴り合いをすることに。

サバイバーの能力によって、興奮状態になり好戦的になっているのです。

 

ヴィヴァーノウエストウッドは片目が潰れる重症を負いながらもソニー・リキールの殴り合いに勝利します。

 

ヴィヴァーノウエストウッドはさらに戦いを求めて、懲罰房棟に居た全員を解放。

そして徐倫に戦いを挑むことに。

 

そんな、ヴィヴァーノウエストウッドはプッチ神父にスタンドディスクを与えられたスタンド使い。

徐倫のストーン・フリーとヴィヴァーノウエストウッドのプラネット・ウェイブスのスタンド対決が始まるのです。

 

 

このィヴァーノウエストウッドのスタンドのプラネット・ウェイブスの名前には少し余談があります。

当時、連載されていた少年ジャンプで登場した時のスタンド名は

『アース・ウィンド・アンド・ファイアー』

 

しかし、このスタンド名のアース・ウィンド・アンド・ファイアーは過去に登場したキャラクターのスタンド名とかぶっていました。

 

ジョジョ4部の支倉未起隆のスタンド名も「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」

これは作者荒木飛呂彦のミスということで、単行本で「プラネット・ウェイブス」に訂正されていました。

ヴィヴァーノウエストウッドの名前の由来と元ネタ

Sponsored Link

ヴィヴァーノウエストウッドの名前は

『ファッションブランド』が名前の由来となっています。

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

イギリスのファッションブランド『ヴィヴィアン・ウエストウッド』

が元ネタになっているんですね。

PLANET.WAVES:ボブ・ディラン

ちなみにスタンドのプラネット・ウェイブスは

『ボブ・ディランのアルバム名』が元ネタになっていました。

プラネット・ウェイブスの能力と強さ

ヴィヴァーノウエストウッドのスタンド、プラネット・ウェイブス。

プラネット・ウェイブスを簡単に説明すると

『隕石を自分に引き寄せて、敵に攻撃すること』

 

プラネット・ウェイブスのスタンドの強さのステータスは

【破壊力:A/スピード:B/射程距離:A/持続力:A/精密動作性:E/成長性:E】

特に優れているのが「射程距離」

隕石を操る能力なので、このスタンドの能力の射程距離は宇宙空間まで広がっていることになります。

宇宙空間に無数にある隕石を自分に引き寄せることができるのです。

そして、引き寄せた隕石の軌道上に敵を置くことで、落下してくる隕石をそのまま攻撃として使うことができるのです。

 

隕石を自分に引き寄せるといっても、本体に隕石が当たるということはありません。

隕石は本来、地球の大気圏に突入すると、空気抵抗の摩擦熱で燃え尽きます。

 

この、プラネット・ウェイブスが引き寄せた隕石は、本体の手前ギリギリで燃え尽き消滅するのです。

なので、引き寄せた隕石によって本体がダメージを負うことは全くないのです。

しかし、隕石が燃え尽きる直前で、ぶつかった物などでの2次的なダメージを失くすことはできません。

徐倫にも、プラネット・ウェイブスが引き寄せる隕石の特性を理解され敗れる結果になっていました。

 

ただ、隕石を引き寄せるという能力は使い方次第ではかなり強力な能力となっています。

奇襲としてスタンド能力を発動すれば、訳も分からないまま隕石を食らってあの世行きとなることは間違いありません。

まとめ

・プラネットウェイブッドは徐倫が収監される刑務所の看守で、プッチ神父にスタンドディスクを与えられたスタンド使い。

・ヴィヴァーノウエストウッドの名前はイギリスのファッションブランド『ヴィヴィアン・ウエストウッド』が元ネタとなっている。

・プラネット・ウェイブスの能力は隕石を引き寄せて、隕石で攻撃すること。

隕石は本体の手前ギリギリで燃え尽きるので、隕石でヴィヴァーノウエストウッドはダメージを負うことはない。

ジョジョ3部のアニメ動画を無料で見ることができます!

詳細についてはこちら
ジョジョの奇妙な冒険3部のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link

漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です