エンリコ・プッチ神父は黒人でなく白人?肌の色が黒い理由について

ジョジョ6部に登場したプッチ神父。

徐倫を冤罪で投獄し、承太郎の記憶を奪ったジョースターの血筋の宿敵です。

こんなプッチ神父はウェザーと双子の兄弟。

ウェザーの肌の色は白、白人だと思われます。

しかし、プッチ神父の肌の色は黒ですね。

そこで今回はエンリコ・プッチ神父の肌の色について調べてみました。

エンリコ・プッチ神父

エンリコ・プッチ神父はジョジョ6部の登場人物でありボス的なキャラです。

 

プッチ神父が刑務所の教戒師になった目的は「天国へ行く方法」を知るため。

刑務所内でのプッチ神父は職員達にも信頼を集めていて、警備が厳重な刑務所内でも顔パスで移動も可能ほど。

 

しかし、プッチ神父の本性は目的達成の為なら他人を犠牲にしてもなんとも思いません。

目的のための行動は全て正しい事であるという自分本位なものです。

教戒師になったのも自分の目的である天国へ行く方法を知るためなのです。

 

プッチ神父はかつてジョースター家の宿敵であるディオと親交があり、崇拝していました。

 

プッチ神父はディオとの交流のなか、「天国へ行く方法」が記されたノートがあることを知ります。

しかし、天国へ行く方法を知る前にディオは空条承太郎に倒されてしまうのです。

崇拝していたディオがいなくなり、天国へ行く方法が記されたノートも失われたプッチ神父。

 

そこで、承太郎の記憶を奪うため承太郎をおびき寄せるための策を練ります。

 

プッチ神父は無実の罪を徐倫に着せることで刑務所送りに。

そして、徐倫のもとに訪れた承太郎から、プッチ神父のスタンド、ホワイトスネイクのスタンド能力で記憶を奪うのです。

 

父親の記憶を奪われた徐倫。

承太郎の記憶の入ったディスクを取り戻す戦いが始まるのです。

 

そして徐倫には心強い仲間が集まります。

その仲間の1人のウェザーは生き別れたプッチ神父の双子の兄弟。

 

承太郎の記憶を取り戻した、徐倫たちでしたが進化したプッチ神父のスタンド能力により全滅します。

時を無限に加速させることができる「メイド・イン・ヘブン」

誰もプッチ神父を止めることはできないと思われていました。

 

しかし、そんなプッチ神父を止めたのはウェザーのスタンド能力。

徐倫の仲間であるエンポリオはウェザーのスタンド能力が保存されたディスクを使いプッチ神父を倒す結末に。

 

プッチ神父の野望はかつて生き別れた双子の兄弟のスタンド能力により阻まれる結果となるのです。

プッチ神父は黒人ではなく白人なのか

Sponsored Link

ジョジョ6部のプッチ神父。

 

生き別れた双子の兄弟のウェザーと肌の色が違いますね。

ウェザーとプッチ神父が生き別れた理由は、ブルーマリン夫人が死にかけた自分の子供とウェザーを生まれた直後に入れ替えたからです。

 

ウェザーの育ての親である、ブルーマリン夫人は白人、そしてブルーマリン夫人の夫は黒人です。

 

ジョジョ6部のストリーは複雑で、プッチ神父とウェザーの生みの親がブルーマリン夫人と思われがちですが、ブルーマリン夫人夫婦と血縁関係はありません。

 

さらに、プッチ神父は黒い肌をしていますが、イタリア系の白人家系の生まれです。

プッチ神父の肌の色が黒い理由

プッチ神父の肌が黒い理由については、はっきりとした情報はありませんでした。

 

ただ、ファンの間ではこんな推測が飛び交っていました。

「イタリアの白人系の家系でも、移民によりラテン系の血が混ざったのでは?」

「双子でも肌の違う子供が生まれる可能性は0ではなよね・・・」

「プッチ神父とウェザーは二卵性双生児で、プッチ神父だけが黒い肌の要素を隔世遺伝したのでは?」

という意見がありました。

 

作中でも、「イタリア系の白人」という情報だけで、プッチ神父の肌の色についてははっきりとした情報はありませんでしたね。

 

ウェザーがプッチ神父の生き別れた双子の兄弟だと強調するために、作者荒木飛呂彦はプッチ神父の肌の色を黒くしたのかもしれません。

まとめ

・プッチ神父はジョジョ6部のボス的キャラで、ウェザーと生き別れになった兄弟。

・プッチ神父は黒い肌をしているが、イタリア系の白人。

・プッチ神父の肌の色が黒い理由については、ははっきりとした情報はなく、ファンの間で憶測だけが飛び交っている。

ジョジョ3部のアニメ動画を無料で見ることができます!

詳細についてはこちら
ジョジョの奇妙な冒険3部のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link

漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です