北斗神拳が一子相伝の理由は?伝承者やなぜ何人も使える人がいるのか

北斗神拳は一子相伝。

2000年の長い時の流れで受け継がれてきた必殺の暗殺拳法です。

 

他流派の多くが多子相伝を当然とする中、なぜ北斗神拳は一子相伝の伝統をつらぬくのでしょう。

そして、「なのになぜあれほどたくさんの人間が使えることができるのか」という当然の疑問について分析してまいりましょう。

北斗神拳とは

2000年不敗、地上最強の拳法北斗神拳。

並の人間ではわずか30%しか引き出せない潜在能力の100%を引き出す究極の暗殺拳です。

 

敵味方の経絡秘孔を自在に手繰り、戦術にも医術にも威力をいかんなく発揮します。

北斗と南斗は表裏一体。

外傷・物理破壊を主目的とする南斗聖拳とはまさに好対をなします。

 

なお、北斗琉拳、南斗聖拳は北斗神拳の古くからの分派とされます。

北斗神拳が一子相伝である理由

なぜ、北斗神拳が一子相伝であるかはいまだにはっきりしません。

 

ただ、憶測される理由は複数あります。

北斗神拳の神髄をより純度高く昇華し続けるため

 

あまりにたくさんに伝えてしまうと、どうしても亜流、中途半端、中にはジャギやアミバのような暴虐の輩まで出てきてしまいます。

北斗神拳はそういった雑流に流れるのを避けたかったのかもしれません。

希少性の論理

人類が価値を高める志向に「希少性の論理」が挙げられます。

いわゆるブランド力です。

 

人間は同じものでも手に入れにくいものであればあるほどそれを「価値あるもの」と認めがちです。

北斗の伝承者たちによるしたたかな生き残り戦術です。

勢力の維持

一見多くの後継者たちに託した方が繁栄するかのようです。

しかし、たとえば王家・皇家・将軍家などはその正統をいくつも分立させたでしょうか。

 

ひとつであるからこそ維持しやすい、分立すればするほど各純度が薄まるのは必然です。

たとえば、西洋史ではカール大帝でおなじみのフランク王国は息子たちに分立を許しておりました。

 

そのため、代替わりごとに跡目相続争い、さらに王国は細分化の一途です。

鎌倉時代の相続を覚えているでしょうか。

 

あれも、分立を許して、武士階級の没落を招きました。

いささか極端な傾向もありますが、北斗神拳の生き残り戦術はそういった歴史法則ともかなっております。

北斗神拳は伝承者やなぜ何人も使える人がいるのか

北斗神拳に元来つらぬかれている相伝法はあくまで一子相伝。

伝承者以外は全員拳を封じられるか、記憶を消されるはず。

 

しかし、妙なことです。

ラオウ・トキ・ジャギ、伝承者でもないのにいつまでも使い続ける人間があまりに多いです。

アミバや一部の部外者による盗用すら許しております。

 

どうも北斗の掟も時代とともに緩まってしまったのでしょうか。

実はケンシロウの一代前、ケンシロウの師匠であるリュウケンと伝承者を競った人物が登場します。

 

コウリュウと言います。

コウリュウはリュウケンに伝承者を譲って荒野に隠遁暮らしを営んでおりました。

 

ところが、拳を封じられた様子も記憶を消された様子もいっさいありません。

その圧倒的実力をラオウに目を付けられ、戦いを挑まれて、敗れております。

 

また、リュウケン自体の早世も大きかったかもしれません。

本人はラオウの拳をつぶすつもりで決闘しますが、返り討ちにされ亡くなってしまいました。

 

重い病身のトキはともかく、ジャギもゆくゆくはと考えていたのかもしれません。

しかし、それも果たせぬままの出来事でした。

それにしても気にかかるのが、リュウケンには北斗四兄弟以外にたくさんの名もなき門弟たちが描き出されていて、彼らがどうなってしまったのか、です。

 

やはり彼らもまた何らかの形で拳をつぶされるのかとすればかわいそうなものです。

そうなるのを分かってあれだけ大量の弟子をやとい入れるリュウケンの考えは不明であり、弟子たちもそれ相応の覚悟があって弟子入りしたのでしょうか。

 

さすがは天に北斗七星があるように死をつかさどる拳術。

そして、門外不出の秘密結社的要素の濃密な怪異すらしのばせます。

まとめ

・北斗神拳とは並の人間が引き出せる30%の能力に比べ、100%の潜在能力を引き出す究極の暗殺拳である

・北斗神拳が一子相伝である定説はない。有力説として、①純度の確保②ブランド力の確保勢力の確保が挙げられる。

・北斗神拳は元来一子相伝を徹底させていたはずだが、ケンシロウの代ぐらいになると明らかに緩んでいる。リュウケンの早世などが原因か

北斗の拳のアニメ動画を無料で見ることができます!

詳細についてはこちら
北斗の拳のアニメ全話の動画を無料視聴する方法

Sponsored Link

漫画やアニメ好きの方にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です